シャンプーの洗浄成分

髪の毛がダメージを受けている場合は、髪の毛のキューティクルの傷みとともに頭皮環境が悪化していることにも注目する必要があります。シャンプーの洗浄成分の違いによって、アルコール系や石鹸系、アミノ酸系、ベタイン系などがあります。アルコール系や石鹸系は、洗浄力が強く価格も安いため人気となっていますが、汚れ落ちがよく指通りもいい反面、頭皮や髪の毛への刺激が強すぎて傷めてしまうことがあります。また、頭皮や髪の毛を守るための皮脂が過剰に剥がされて、乾燥することもあるので注意が必要です。

アミノ酸系やベタイン系などの両性界面活性剤が配合されたものは、価格は高くなりますが、洗浄力が優しく、髪の毛の栄養となるタンパク質の成分を補う効果も期待されることから、ダメージを受けた髪の毛の補修におすすめです。また、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されたもので保湿性に優れたシャンプーも販売されています。(参考HP⇒シャンプー販売 – 守り髪

最近は、シリコン、ノンシリコンで市場が二分されることもありますが、髪の毛をコーティングする成分が配合されているか、そうでないかの違いになるため、洗浄成分や補修成分をよく確認して、髪の毛の状態に合ったものを選ぶといいでしょう。

髪のダメージを補修する成分

髪の毛は、一度大きなダメージを受けてしまうと、完全に補修することは不可能ですが、少しでもダメージを回復する目的で補修成分が配合されたシャンプーを使うのもヘアケアの一環としておすすめです。髪のダメージを補修する成分には、さまざまな種類があります。「ラウリルベタイン」は、両性界面活性剤で皮膚への刺激があまりないため、かゆみを和らげるとともに髪の毛を補修する黄河が期待できます。「ロウロイル加水分解シルクNa」は、髪の毛や頭皮のダメージを補修する効果が高い界面活性剤で、髪の毛にダメージを与えずにしっかりと汚れを取ってくれます。

「ココイルグルタミン酸TEA」は、ダメージを受けて剥がれてしまったキューティクルを整える効果に優れているもので、洗髪しても髪の毛の成分であるタンパク質を変化させないことから、洗う度に髪の毛が滑らかになります。「ココアンホ酢酸Na」は、保湿効果に得優れた成分であるため、ごわごわとした硬い髪の毛を柔らかくしてくれます。「ミリスチルベタイン」は、シャンプー後の指通りや手触りをよくするのに効果を発揮する成分であるため、髪の毛がもつれたり、枝毛になったりするのを防いでくれます。シャンプーは補修成分に注目するとともに洗浄成分を確認することも大切です。

髪が傷まないように注意

熱に弱い髪の毛は、毎日のシャンプー後にドライヤーで乾かすだけでも大きなダメージを受けます。洗髪後は、十分にタオルドライをしたあと、髪の毛から一定の距離を置き、同じ部分に長く熱風をあてないようにしながら乾かすようにしなければなりません。パーマやヘアカラー、ブリーチなど、美容院で薬剤を使用して行う施術は、髪の毛に大きなダメージを与えることを理解してから受けるようにしましょう。髪の毛の色を明るくするためにヘアカラーを活用する方がいますが、髪の毛はダメージを抑えないと明るい色にすることができません。髪の毛には自己再生能力がないため、ダメージ補修シャンプーやトリートメントを使って、しっかりとヘアケアすることが求められます。

パーマやヘアカラーをしていなくても太陽光線や大気汚染の影響を受けて、髪の毛は日々ダメージを受けています。日傘や帽子などで日光を防いだり、UVケア製品を使用したりして毛髪を守ることが大切です。また、偏った食生活や過度なダイエットでも髪がダメージを受けます。漢方の世界では、髪の毛を血餘といい、血液が余る余裕がある際に、髪の毛がふさふさと健康になるとされています。栄養や酸素が届かないと髪の毛が栄養失調の状態になることがあるため、バランスの良い食事をしっかりと摂ならなければなりません。

髪が傷む理由とヘアケア

テレビCMでもよく見かけるように、ダメージを補修する目的でつくられたシャンプーが人気となっています。髪の美しさを維持するのではなく、ダメージを受けた髪の補修が前提となっていますが、どんなことが原因で髪が傷むのでしょう。毎日、頭皮や髪の毛を清潔に保つシャンプーや髪を整えるブラッシングでも、髪の毛同士が擦れ合ってキューティクルが剥がれ、水分や髪の毛の栄養成分が流れ出てしまうため髪が傷みます。髪の毛をセットするために、ドライヤーやアイロン、ホットカーラーなどを使用することがありますが、髪の毛は120℃で水分が奪われ、150℃で変形を起こして茶色に変色し、250℃ではキューティクルが溶けてしまうと言われています。

髪の毛にボリュームを出したり、人工的な毛の流れをつくったりするためにパーマをかけることがありますが、パーマは、薬剤で髪の毛の組織を破壊して、再構成する作業になるため、髪の毛が傷みやすくなります。同様に、ヘアカラーやブリーチは、髪の毛の成分が流れ出して髪の毛の色が変わるものであるため、カサカサとして弾力のない状態となります。オゾン層の破壊により、年々降り注ぐ紫外線の量が増えていると言われています。紫外線を浴びると髪の毛は淡白変性を起こしてしまいます。また、赤外線で髪の毛を構成しているケラチンタンパク質が損傷します。このように、普段の生活やヘアケア、おしゃれによって髪の毛は傷んでおり、ダメージ補修シャンプーなどで正しいヘアケアをする必要があるのです。