シャンプーの洗浄成分

髪の毛がダメージを受けている場合は、髪の毛のキューティクルの傷みとともに頭皮環境が悪化していることにも注目する必要があります。シャンプーの洗浄成分の違いによって、アルコール系や石鹸系、アミノ酸系、ベタイン系などがあります。アルコール系や石鹸系は、洗浄力が強く価格も安いため人気となっていますが、汚れ落ちがよく指通りもいい反面、頭皮や髪の毛への刺激が強すぎて傷めてしまうことがあります。また、頭皮や髪の毛を守るための皮脂が過剰に剥がされて、乾燥することもあるので注意が必要です。

アミノ酸系やベタイン系などの両性界面活性剤が配合されたものは、価格は高くなりますが、洗浄力が優しく、髪の毛の栄養となるタンパク質の成分を補う効果も期待されることから、ダメージを受けた髪の毛の補修におすすめです。また、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されたもので保湿性に優れたシャンプーも販売されています。(参考HP⇒シャンプー販売 – 守り髪

最近は、シリコン、ノンシリコンで市場が二分されることもありますが、髪の毛をコーティングする成分が配合されているか、そうでないかの違いになるため、洗浄成分や補修成分をよく確認して、髪の毛の状態に合ったものを選ぶといいでしょう。