髪のダメージを補修する成分

髪の毛は、一度大きなダメージを受けてしまうと、完全に補修することは不可能ですが、少しでもダメージを回復する目的で補修成分が配合されたシャンプーを使うのもヘアケアの一環としておすすめです。髪のダメージを補修する成分には、さまざまな種類があります。「ラウリルベタイン」は、両性界面活性剤で皮膚への刺激があまりないため、かゆみを和らげるとともに髪の毛を補修する黄河が期待できます。「ロウロイル加水分解シルクNa」は、髪の毛や頭皮のダメージを補修する効果が高い界面活性剤で、髪の毛にダメージを与えずにしっかりと汚れを取ってくれます。

「ココイルグルタミン酸TEA」は、ダメージを受けて剥がれてしまったキューティクルを整える効果に優れているもので、洗髪しても髪の毛の成分であるタンパク質を変化させないことから、洗う度に髪の毛が滑らかになります。「ココアンホ酢酸Na」は、保湿効果に得優れた成分であるため、ごわごわとした硬い髪の毛を柔らかくしてくれます。「ミリスチルベタイン」は、シャンプー後の指通りや手触りをよくするのに効果を発揮する成分であるため、髪の毛がもつれたり、枝毛になったりするのを防いでくれます。シャンプーは補修成分に注目するとともに洗浄成分を確認することも大切です。